×
  • 日本海テレビNEWS NNN
  • 外部からの通報で発覚 島根原発で危険業務に携わっていた請負会社の作業員が国が受講を義務づけている安全教育を受講せず 島根県

外部からの通報で発覚 島根原発で危険業務に携わっていた請負会社の作業員が国が受講を義務づけている安全教育を受講せず 島根県

2024年1月19日 12:10
外部からの通報で発覚 島根原発で危険業務に携わっていた請負会社の作業員が国が受講を義務づけている安全教育を受講せず 島根県
島根原発

島根原発で危険業務に携わっていた請負会社の作業員が、必要な安全教育を受けていなかったことがわかりました。

中国電力島根原子力本部によりますと去年8月、「教育を受けず修了証が発行されている」と外部からの通報を受け、調査したところ金属を磨いて粉じんが発生する作業をしていた請負会社の作業員2人が安全教育を受けていないことがわかりました。

この安全教育は危険で有害な業務を行う従事者に対し、国が受講を義務づけているもので、作業員2人はすでに島根原発の作業からは外れているということです。

島根原発では今年8月に2号機を再稼動する予定となっています。