×

2:11

JR坂出駅前の大型商業施設 半世紀の歴史にいったん幕 「覚えていて 知っていて」 多くの惜しむ声

 四国の玄関口のひとつ、JR坂出駅前の大型商業施設が2月29日、半世紀の歴史にいったん幕を下ろしました。  最後の営業を迎えたJR坂出駅北側のイオン坂出店です。1974年4月に、「ニチイ坂出店」としてオープン。その後「坂出サティ」「イオン坂出店」と名前を変え、およそ50年間地域の人に親しまれてきましたが、JR坂出駅周辺の再整備構想を受けて、老朽化していた店を休業することとなりました。 (森髙史彦記者)「お店の閉店まであと10分ほどですが、別れを惜しんで多くの人が買い物に来ています。」  この日は午後9時までの営業時間を2時間繰り上げてセレモニーが。 (稲田有子店長)「坂出市に着いた電車。そこにたどり着いたときに何となくお帰りなさいと言ってもらっている様な気がします。営業活動を再開した際には、おかえり、待ってたよと言ってもらえると、本当にありがたい。」 (シャッターが閉まった後の来店客)「幼少期から一緒に過ごしてきたみたいな感じで、すごく思い入れがあるので閉店は寂しい。」「新しいイオンが駅前にドンッと建って、また若い人からお年寄りまで揃う様な場所になってくれたら良いな。」  新しい店舗について運営するイオンリテールは、時期や規模は未定としつつ、再整備構想を踏まえ、事業計画を検討するとしています。

3月1日