×
テレビ大分
  • TOS NEWS NNN
  • 「小鹿田の里」直面する後継者問題 唐臼をつくる唯一の職人は80歳…伝統や美しい景観を守るには

「小鹿田の里」直面する後継者問題 唐臼をつくる唯一の職人は80歳…伝統や美しい景観を守るには

2023年12月12日 16:08
「小鹿田の里」直面する後継者問題 唐臼をつくる唯一の職人は80歳…伝統や美しい景観を守るには

国の重要文化的景観に指定されている大分県日田市の小鹿田焼の里。
焼き物が有名ですが土をつくる唐臼も美しい景観として知られています。
この唐臼をつくる唯一の職人がいま後継者問題に直面しています。

小鹿田焼の里に響く「日常音」。この音を守るのは里に暮らす1人の男性です。

小袋信裄さん、80歳。
大工として働く傍ら小鹿田焼の里の唐臼を1人で作り続けています。

――唐臼職人 小袋信裄さん(80)
「これはね、杵!これがカタンって落ちて土を砕くところ」

――小鹿田焼 陶工 黒木富雄さん
「小袋さんがいないと土ができない。唐臼が打てない。小袋さんの年もある程度いってるからいつまでも頼っちゃいけない」

唐臼とは、ししおどしの原理で水の力を利用し陶土になる土を砕くものです。
全長約6メートル、重さは大きいもので約800キロあります。
松の木を長方形に削り、水が溜まるよう、一部を繰り抜きます。

小袋さんはこの作業を約25年もの間たった1人で続けてきました。
しかし後継者は未だ見つかっていません。

Q.前の人が亡くなって交代した?
――唐臼職人 小袋信裄さん
「亡くなる前、年がいったから無理だろうって、してくれないかって、ならなんとかしましょうと言って。(誰しも)自分の仕事を持ってるし、さぁって言って来られない」

Q.ずっと後継者はいない?
――唐臼職人 小袋信裄さん
「来てない。ずっと1人」

7月に取材した時にも…。

――唐臼職人 小袋信裄さん
「誰か唐臼を継ぐ人はいないですかね」

80歳。体もこたえます。

この日、腰の痛みに耐えながら修繕に向かったものの連日の雨で唐臼がある場所に向かう橋が浸かっていて作業を断念しました。
数日後、予期せぬ豪雨が里を襲います。里を訪れるとほとんどの唐臼が修繕しなければならない状態となっていました。


1人、作業に追われる日々…。
9つある窯元は唯一の職人・小袋さんを求めてやって来ます。

――小鹿田焼 陶工 坂本浩二さん
「いろいろ頼むことが多い、うちの唐臼の(一部)も替えてほしい」

窯元などでつくる組合も唐臼職人の後継についてともに考えていますが…。

Q.里出身以外の人が入るのが駄目ではない?
――小鹿田焼協同組合 坂本工理事長
「もちろん駄目じゃなく探さないといけない。組合としても保存会としてもやっている最中ですが、他の仕事が忙しいとか災害も多いので、そんなにポンと簡単に答えが出るわけではない」

――唐臼職人小袋信裄さん(80)
「後継者を誰か見つけて後継ぎをつくって絶やさないようにしなければ。できる人がいなくなれば大変。 誰か見つけて、修繕しながら唐臼をつくって絶やさないようにしていかなきゃいけない」

作り手の高齢化が進む中、「小鹿田焼の里」の伝統や美しい景観をどう守っていくか大きな課題を抱えています。