×

どうなる宇宙港…米企業の経営破綻から1年 高校にSPACEコース新設 大分は宇宙の玄関口となるか 

2024年4月17日 18:30
どうなる宇宙港…米企業の経営破綻から1年 高校にSPACEコース新設 大分は宇宙の玄関口となるか 

大分空港で宇宙港計画を進めていた企業が経営破綻して1年となります。こうした中で4月、大分県国東市の高校には、宇宙について学ぶコースが新設されました。
大分が宇宙の玄関口となる日は来るのか、現状を取材しました。

大分空港を人工衛星の拠点とする宇宙港計画は、2020年に浮上し一気に期待が高まりました。街中では「宇宙港クイズ」と銘打ったイベントが行われ盛り上がったり…「自分は宇宙人」と申告すれば、宿泊代の割り引きなどが受けられるサービスなども登場したりしました。



しかし去年4月、計画を進めていた、アメリカのヴァージン・オービット社が経営破綻。計画は大きな打撃を受けました。

ーー県先端技術挑戦課 加来隆幸課長
「ヴァージン・オービットの件は非常に残念ではあったが、大分空港できちんと出来るような形に準備を進めていかないといけない」

現在は、シエラ・スペース社が、宇宙ステーションに物資を運ぶ着陸拠点として大分空港を活用しようと準備を進めています。シエラ・スペース社はことし中に、アメリカで打ち上げを予定していることから、大分県はその結果を注視しています。

ーー県先端技術挑戦課 加来隆幸課長
「実際に(シエラ・スペース社の )宇宙船が活躍出来ることがわかった時には、次は大分県、アジアでは大分県と言ってくれて いるので、着陸をしてもらうべく 、ビジネス、経済循環が生まれるような、そういった姿にしていきたい」

こうした中、大分県国東市の国東高校は”日本で最も宇宙に近い高校”を掲げ、今年度から宇宙について学ぶSPACEコースを設置。2年生から宇宙工学などを学ぶ授業が行われる予定で、県外から3人が入学しました。その1人、沖山芯太さんは東京出身です。

ーー東京から入学した沖山芯太さん
「ロケットのエンジニアになりたいと思っています。自分の今の目標として、日本で有人ロケットを作るっていう夢があります

国東から宇宙へ…地元の人も、計画が実現して欲しいと期待を寄せていました。

ーー地元の人は
「(宇宙港関連の)建物もどんどん建って元気のいい街になるといい」

大分は宇宙の玄関口となれるのか。まずは、ことし行われる予定のシエラ・スペース社の打ち上げが注目されます。

    テレビ大分
    • TOS NEWS NNN
    • どうなる宇宙港…米企業の経営破綻から1年 高校にSPACEコース新設 大分は宇宙の玄関口となるか