×

大分駅前の「アパホテル」起工式 客室数は254で12階建て ビジネスや観光客の利用見込む 大分

2024年3月6日 18:58
大分駅前の「アパホテル」起工式 客室数は254で12階建て ビジネスや観光客の利用見込む 大分

JR大分駅前に建設される貸会議室大手ティーケーピーが運営を担うアパホテルの起工式が6日、行われました。
来年10月の開業を目指しています。

アパホテルが建設されるのは大分市金池町でJR大分駅が目の前の場所です。
ホテルを運営するのは貸会議室大手のティーケーピーで、6日は大分市出身の河野貴輝社長など関係者が出席して起工式が行われました。

建設されるホテルは地下1階、地上12階建てで客室数は254室。
ビジネスや観光客の利用を見込むほか、ティーケーピーがユニフォームスポンサーを務める大分トリニータのサポーター向けのサービスも行っていきたいとしています。

◆ティーケーピー 河野貴輝社長
「都心部で行って来たこのビジネスを、特に大分でなにか地方創生に絡めて事業展開をできないかというのを常々考えていた」

◆アパグループ元谷一志CEO
「ぜひ、この大分駅前の案件をひとつ起爆剤して大分経済を盛り上げる存在として、私としては期待したい」

着工は3月の予定で、開業は来年10月を目指しています。

一方、ティーケーピーは別府市の上人ヶ浜公園の再開発も手掛けています。
地元などから懸念の声が上がっていましたが、河野社長は6日、TOSの取材に対し、地元の反応に配慮し、宿泊コテージの数を当初予定よりも減らす考えを明らかにしました。

◆ティーケーピー 河野貴輝社長
「上人が浜公園に関しては、まず客室数を23室に減少させまして、松の木を残した公園として再開発をしていきたいと思っている」

砂湯は予定通り2倍の広さにする予定で、来年4月のオープンを目指しまもなく着工に入るとしています。

    テレビ大分
    • TOS NEWS NNN
    • 大分駅前の「アパホテル」起工式 客室数は254で12階建て ビジネスや観光客の利用見込む 大分