×

松本市の氷彫フェスティバル 4年ぶりに復活の滑り台人気 午後5時から夜通しの作業がスタート全国13チームが争う【長野】

2024年1月27日 19:04
松本市の氷彫フェスティバル 4年ぶりに復活の滑り台人気 午後5時から夜通しの作業がスタート全国13チームが争う【長野】

松本市の松本城では恒例の氷彫フェスティバルが始まりすっきりとした青空のもと家族連れが氷のアトラクションを楽しんでいました。松本城公園で開かれたオープニングイベントでは県のマスコットキャラクターアルクマをはじめ熊本県のくまモンがステージを盛り上げました。4年ぶりに復活した氷の滑り台は長さが15メートルあります。135キロの氷をおよそ80本組み合わせて作られています。今年は市内4カ所で氷像が8体展示されています。

神奈川から「キラキラしててすごくきれいですこれからずっと夜のライトアップ見てプロジェクションマッピングまで全部見て帰ろうと思います」

午後5時から全国氷彫コンクール「チャンピオンシップ」が始まり全国13チームが夜通しで氷の作品を制作しています。

    • テレビ信州NEWS NNN
    • 松本市の氷彫フェスティバル 4年ぶりに復活の滑り台人気 午後5時から夜通しの作業がスタート全国13チームが争う【長野】