日テレNEWS
カルチャー
2022年4月1日 23:20

日向坂46・小坂菜緒、グループ初の“東京ドーム公演”で復帰 「体調の方はまだ・・・」

日向坂46・小坂菜緒、グループ初の“東京ドーム公演”で復帰 「体調の方はまだ・・・」
日向坂46の“デビュー3周年記念ライブ”で復帰した小坂菜緒さん(19)

アイドルグループ・日向坂46が3月30日と31日の2日間、東京ドームで開催された『3周年記念MEMORIAL LIVE ~3回目のひな誕祭~』に出演しました。

デビュー3周年を記念した今回の公演。コロナ禍での2年3か月の延期を経て、念願だったというグループ初の“東京ドーム”でのライブが実現しました。

また今回、コロナ禍では初の“フルキャパシティー”での実施となり、2日間で約10万人の“おひさま”(ファンの呼び名)が集まりました。

さらに、2021年6月から体調不良で休業していた小坂菜緒さん(19)がライブ初日に復帰。小坂さんは「体調の方はまだ万全と言えなくて、少しずつのスタートにはなるんですけど、これからよろしくお願いします」と挨拶しました。

ライブ最終日は、デビューシングル『キュン』からスタートし、アンコールを含む全28曲を披露。そして、盛り上がる鉄板曲だという『キツネ』では、東京ドーム仕様の高い火柱があがる中、爆音とともに紙吹雪が打ち上げられるなど、派手な演出で会場を熱狂させました。

さらにアンコールでは、小坂さんがセンターを務める7枚目シングル『僕なんか』を5月11日に発売することをサプライズで発表し、ファンの前で初披露しました。

最後にキャプテンの佐々木久美さんは「やっぱり東京ドームって特別な場所で、すごい楽しみにしていたんですけど、“うまくいかないな”っていうこともすごくあって。でも、そういう思いをしてるのが自分だけじゃないっていうのが、すごい心を強くしてくれるというか。この約束の地でコンサートをすることでより感じました。まだまだ私たちは3年目で、これから叶えたいことも行きたいところもいっぱいあるし、ここからまた新しい場所を目指して、みなさんと一緒に夢をかなえていきたいなと思います。これからも日向坂46をよろしくお願いします」とグループを代表しコメントしました。