日テレNEWS
カルチャー
2011年6月15日 16:33

新山千春&柳沢慎吾、2人で「あばよ!」

新山千春&柳沢慎吾、2人で「あばよ!」
(c)NNN

 タレントの柳沢慎吾(49)と新山千春(30)が15日、都内で開催された小型トラック「新型 日野デュトロ」の発表会に駆けつけた。

 柳沢が父と姉、新山が母、俳優の佐々木蔵之介(43)が父と初共演を果たした3人のCMが、7月1日から放送スタート。自営業を営むそれぞれの親に「日野デュトロ」をすすめるほのぼのとした内容に仕上がっている。

 柳沢は登場するなり、CMを自画自賛。「鳥肌が立ちました。温かい感じですごい良かった」と言えば、新山もメーキングのVTRを見て「家族のきずなとかも(画面に)出ていて…」と目頭を熱くさせた。

 通常のCM撮影と比べ、家族と共演する現場の方が緊張度は高いようで、柳沢は「もう唇が乾いちゃって乾いちゃって……。『父ちゃん』(柳沢)『慎吾』(父)っていうやりとりも、リハーサルでは『慎吾』でいいのに、『お、おめえさあ』とか『慎吾さん』ってなったり……。“さん”はいらないよって。それでも本番は一発でいけましたね」と回想。新山も「家族が緊張している姿を見て、逆に焦らされました。私も大丈夫なのかなって」と口をそろえた。

 撮影現場のスタッフは、飲み物をすすめたり日傘を持ってきたりと、タレント本人よりも家族に気を遣う場面が多かった。おかげでCMの放送日が近づくにつれ、「ウチのオヤジは『市場に行くとき、サングラスしようかなぁ。バレちゃうかも』って言っていました」(柳沢)、「ウチも『サイン練習せねばダメかなぁ』って」(新山)とすっかりタレント気取りだという。

 それでも親子共演を果たし、得るものは大きかったようで、柳沢は青果店を営む父から「『お前の仕事は精神的に大変なんだな』って。肉体的にはお父ちゃんの方が大変なんですけどね」とお互いあらためて理解を深めた様子だった。

 発表会の最後に、柳沢は「デュトロに乗っていい夢見ろよ。あばよ」と得意の決めぜりふ。新山と2人で親指を立てるポーズで、気持ちよさそうにスチールカメラのフラッシュを浴びていた。

 佐々木は、舞台出演のため欠席だった。