日テレNEWS
カルチャー
2011年10月23日 19:40

「さくら学院」学院祭で新曲発売を電撃告知

「さくら学院」学院祭で新曲発売を電撃告知
(c)NNN

 成長期限定アイドルユニット「さくら学院」が23日、都内でワンマンライブ「さくら学院祭☆2011」を開催した。

 12人は、1時間30分で全13曲を歌唱。クラブ活動ユニット「バトン部 Twinklestars」「新聞部 SCOOPERS」「重音部 BABYMETAL」のステージのほか、友情がテーマの楽曲「FRIENDS」とリンクした芝居「放課後のさくら学院」も披露。

 また、合唱曲として有名な「グリーングリーン」をメンバー全員がリコーダーで演奏するスペシャル企画も。さらに田口華(11)、磯野莉音(11)がメンバーにインタビューしたり、今年の夏のイベントやリハーサルの様子を収めた映像も紹介された。
  
 充実のステージに、飯田來麗(13)が「去年の学院祭よりもパワーアップできたと思います!」と胸を張れば、佐藤日向(12)も「メンバーのチームワークも強くなりました!」と大きな手ごたえを感じたようだった。

 ライブ終盤には、“生徒会長”の武藤彩未(15)が「うれしいお知らせがたくさんあります!」と切り出し、さくら学院の活動を体感できるイベント「オープンキャンパス 学校説明会」の開催(11月23日)と、セカンドシングル「ベリシュビッッ」のリリース(12月21日)を電撃告知。会場は大きな拍手と歓声に包まれた。