×

震災や原発事故で…バターの品不足が深刻

2011年10月27日 21:06
震災や原発事故で…バターの品不足が深刻

 バターの品不足が深刻な状況となっている。

 バター不足の原因の一つは、東日本大震災や福島第一原発事故の影響で、原料となる原乳が出荷できなくなったことで、震災直後、鮮度が大切な牛乳やチーズなどの生産が優先されたため、バターの生産量が落ち込んだという。9月の生産量は、1月と比べて半分以下にまで落ち込んだ。

 農水省によると、生乳生産が上向きな上、バターの緊急輸入も始まったため、年明けにかけて少しずつ品不足は解消する見込み。