×

日経平均、一時3万3800円台まで上昇、バブル後の最高値を更新…約33年ぶりの高値水準に

2023年11月20日 16:30
日経平均、一時3万3800円台まで上昇、バブル後の最高値を更新…約33年ぶりの高値水準に

11月20日の東京株式市場で、日経平均株価は値を下げました。先週末の終値に比べて197円17銭安い、3万3388円03銭でした。

週明けの東京株式市場は、先週末のニューヨーク市場で主要株価指数がそろって上昇したことや、日本企業の先行き期待感などから買い注文が広がり、日経平均株価は午前中、一時3万3800円台まで上昇し、バブル後の最高値を更新しました。

取引時間中としては1990年3月以来、およそ33年ぶりの高値水準となりました。

しかし、11月に入って日経平均株価が3000円近く上昇するなど相場に過熱警戒感が出たことから、その後は利益を確定するための売り注文が入り、株価はマイナスに転じました。

東証プライムの売買代金は、概算で3兆6754億円。東証プライムの売買高は14億2836万株。

    • 日テレNEWS NNN
    • 経済
    • 日経平均、一時3万3800円台まで上昇、バブル後の最高値を更新…約33年ぶりの高値水準に