日テレNEWS
国際
2011年3月20日 7:11

ホッキョクグマの「クヌート」が死ぬ

 かわいらしい姿で世界中から人気を集めたドイツ・ベルリンの動物園のホッキョクグマの「クヌート」が19日、死んだ。

 飼育係が池に浮かんでいるクヌートを発見したということだが、詳しい死因はまだわからず、解剖する予定だという。ホッキョクグマの寿命は約30年といわれているが、クヌートは4歳だった。

 動物園では、母親の育児拒否以来、飼育係が大切に育ててきた人気者の早すぎる死を悲しんでいる。