日テレNEWS
国際
2014年10月10日 20:43

子供たちにとって名誉~サティアルティさん

 今年のノーベル平和賞の受賞者が日本時間10日午後6時頃に発表され、女性の教育の権利を訴え続けるパキスタンの少女、マララ・ユスフザイさん(17)と、インドの子供の権利の向上に尽力したカイラシュ・サティアルティさん(60)の受賞が決まった。

 ノルウェーのノーベル平和賞選考委員会は、パキスタンのマララ・ユスフザイさんとインドのカイラシュ・サティアルティさんに贈ると発表した。

 マララさんはパキスタンでインターネットなどを通して女性が教育を受ける権利を訴えていたが、2012年、学校から帰る途中に、女性の権利を抑圧するイスラム過激派「パキスタン・タリバン運動」に襲われ、頭などを撃たれて重傷を負った。その後、緊急搬送されたイギリスで手術を受けて奇跡的に回復。国際社会に教育の重要性を訴え続けている。

 マララさん(去年7月 国連での演説)「親愛なる兄弟姉妹たちよ。何百万もの人が貧困と不正と無知に苦しんでいることを忘れてはいけない。私たちは忘れてはいけません。子供たちは輝ける平和な未来を待っているのです。たった1人の子供、1人の教師、1冊の本、1本のペンでも世界を変えられるのです」

 現在はイギリスの学校に通いながら、内戦が続くシリアで難民となった子供たちを支援する活動などを行っている。17歳でのノーベル賞受賞は史上最年少になる。

 また、インドのサティアルティさんは、インドの多くの企業が経済的利益のために児童に強制的な労働を強いて搾取していると様々な抗議やデモを行い、多くの子供たちの権利の向上に力を尽くしたことが評価された。サティアルティさんは「全ての子供たち、そしてインド国民にとって名誉です。子供たちのために闘っている全ての人たちへの賞です」と語った。

 授賞式は12月にノルウェーのオスロで行われる。