日テレNEWS
国際
2017年11月6日 7:53

王子含む数十人が“汚職”で逮捕 サウジ

 中東のサウジアラビアで4日、王子11人を含む数十人が、汚職の疑いで逮捕された。王位継承者のムハンマド皇太子による権力固めの一環との見方が出ている。

 中東の衛星テレビ局「アル・アラビーヤ」によると、サウジアラビアの「反汚職委員会」は4日、11人の王子や現職大臣4人ら合わせて数十人を逮捕した。

 ロイター通信によると、国王の甥で大富豪のアルワリード・ビン・タラール王子などが逮捕されたという。

 「反汚職委員会」は4日に設立されたばかりの組織で、ムハンマド皇太子がトップを務めており、王位継承に向けた権力固めの一環との見方が出ている。