日テレNEWS
国際
2020年2月13日 21:49

カンボジアにウエステルダム号 あす下船か

日本などが入国を拒否したクルーズ船「ウエステルダム号」は13日、カンボジアに到着した。早ければ14日午前にも乗客の下船が始まる見通し。

今月1日に香港を出港したウエステルダム号は、日本やタイなどから入国を拒否された後、カンボジアが受け入れを表明、13日朝、シアヌークビルの港に到着した。

ウエステルダム号には、日本人5人を含む乗客・乗員2200人あまりが乗っているが、約20人が体調不良を訴えているという。このため、船に乗り込んだ医師らが検体を採取、新型コロナウイルスに感染しているかどうか確認することにしている。

カンボジアの日本大使館は「日本人の健康に問題はない」と話している。

地元当局は、早ければ14日午前にも乗客の下船が始まる見通しを示した。乗客らはその後、チャーター機で首都プノンペンの空港に移動し、帰国の途につくとみられる。