×

  • 日テレNEWS NNN
  • 国際
  • なぜ? スペースX社の巨大宇宙船「スターシップ」 打ち上げから4分後に爆発 イーロン・マスク氏は…

なぜ? スペースX社の巨大宇宙船「スターシップ」 打ち上げから4分後に爆発 イーロン・マスク氏は…

2023年4月21日 17:33

イーロン・マスク氏が率いるスペースX社の宇宙船「スターシップ」が、打ち上げからわずか4分後に爆発しました。月や火星への飛行を目指して開発が進む、史上最大の巨大宇宙船に何が起きたのでしょうか。モニターで爆発の瞬間を見たマスク氏は…。

   ◇◇◇

アメリカ・テキサス州で日本時間20日夜、多くの人が見守る中、空に一筋の白い線を引きながら飛び立った巨大な宇宙船。イーロン・マスク氏が率いるスペースX社が開発する「スターシップ」です。全長120メートル、その大きさは史上最大です。

「最大動圧点を通過中です!」「これが船内からの眺めです!」などと実況されていましたが…打ち上げから、わずか4分後に爆発しました。「スターシップの初の試験飛行は、すごい結末となりました」という声も…。一体、何が起きたのでしょうか。

   ◇◇◇

「スターシップ」は再利用可能な宇宙船として開発が進められていて、最大100人を乗せ、月や火星への飛行を目指しています。

ただ、開発の過程では着陸時に激しく爆発。この時、マスク氏は――

イーロン・マスク氏(2020年)
「必要なデータは全て得られた」

スターシップは失敗を重ねながらも開発を進めてきました。

地元メディアによると、今回は宇宙空間を目指す初の試験飛行で、地上を飛び立った後、ブースターロケットを分離して、150キロほど上空の宇宙空間まで飛ぶ予定でした。

しかし、上空約40キロ地点で爆発。ブースターロケットが切り離されず、爆発したということです。

モニターで爆発の瞬間を見たマスク氏は、SNSで「おめでとう! エキサイティングな打ち上げだった! 次のテストに向けて多くのことを学びました」とコメントしました。

失敗から学ぶことをモットーに掲げるスペースX。月や火星への有人飛行を目指し、数か月後にもテストを行うということです。