日テレNEWS
国際
2022年2月17日 18:48

「ヤーガン語」話せる人もう誰もいない…最後の話し手が死去

「ヤーガン語」話せる人もう誰もいない…最後の話し手が死去

2017年、every.の取材に応じてくれたのは、チリのパタゴニア地区に住むクリスティナ・カルデロンさん。クリスティナさんは「ヤーガン族」の女性です。

クリスティナさん(当時89)
「Sabadgud zanika(サバグド サニカ)」

「あなたといられて幸せですという意味よ」

AFP通信によりますと、クリスティナさんが93歳で亡くなったことがわかりました。

ヤーガン族とは、約6000年前にパタゴニア地区に住みついた狩猟民族です。

約150年前には、3000人ほどいましたが、西洋人が移住してきて混血が進んだことで減少。クリスティナさんは、チリが認める最後の純血のヤーガン族として人間国宝に認定されていました。

ひ孫
「ヤーガン語で『木』はなんていうの?」

クリスティナさん
「janis(ハニス)」

取材当時、民族独自の言語「ヤーガン語」を話せるのは、クリスティナさんのみとなっていました。

最後のヤーガン族・クリスティナさん(当時89)
「私が死んだら、悲しいことですが、すべてが終わってしまうと思います。もう誰もヤーガン語を話さなくなるでしょう」

クリスティナさんが亡くなったことで、ヤーガン語を話せる人はいなくなったことになります。