日テレNEWS
政治
2017年10月24日 12:26

枝野代表“野党再編”に否定的な考え示す

 衆議院選挙で野党第一党に躍進した立憲民主党の枝野代表が24日朝、日本テレビの番組に出演し、勢力拡大のための野党再編には否定的な考えを示した。

 枝野代表のこうした姿勢は選挙直後の合従連衡は国民の支持を得られないと判断したため。

 立憲民主党・枝野代表「どこかのグループと合従連衡するという話にくみするつもりは全くありません。考え方が一緒で、こういう流れでやっていくべきなんだと思っていただければ、立憲民主党に加わっていただけると思っています。それをお待ちしています」

 枝野代表は他の野党勢力との合流ではなく、立憲民主党独自に党勢の拡大を目指す方針を強調した。

 一方、民進党に残った参議院議員が24日に集まり、今後の対応を協議する。多くは立憲民主党との連携に前向きだが、すぐには合流しない見通し。

 こうした中、希望の党の小池代表は、代表を続ける意向を示している。

 希望の党・小池代表「党を立ち上げた責任というものがございますし、そのまま代表を退くのはかえって無責任だと思っている」

 しかし、選挙結果を受けて結党メンバーの一人は「小池代表への怒りが充満している」と話していて、希望の党は今後、混乱も予想される。