×

猛暑収まらず…北陸や北日本で記録的暑さに 札幌と秋田で1800年代から観測史上1位の記録

2023年8月23日 21:42
猛暑収まらず…北陸や北日本で記録的暑さに 札幌と秋田で1800年代から観測史上1位の記録

8月下旬になっても猛暑が収まりません。23日(水)は北陸や北日本で、記録的な暑さとなりました。

札幌の最高気温は36.3度、秋田は38.5度と、それぞれ1800年代からの観測史上1位の記録となりました。

この暑さ、いったいいつまで続くのでしょうか?週間予報をみると、旭川と札幌の猛暑は24日(木)までとなりそうです。25日(金)以降は天気が崩れて気温も徐々に下がり、来週は平年並みの気温になるでしょう。

東北や北陸は、25日から26日頃まで猛暑が続きそうです。そのあと来週にかけても、残暑というには厳し過ぎる暑さが続くでしょう。8月の終わりが近づいても、まだまだ熱中症には厳重に警戒してください。

続いて、雨の状況です。23日夜は、近畿や東海の雷雲はだいぶ弱まってきましたが、まだ東海の一部で雷雨となっています。

このあと24日にかけても湿った空気が流れ込んで、西日本から東日本の太平洋側を中心に雨の降りやすい状態が続くでしょう。特に四国から紀伊半島の太平洋側で雨量が多くなりそうです。

午後は、東日本や北日本も内陸部や山沿いを中心に、にわか雨の降るところがありそうです。

24日も、局地的な激しい雷雨にご注意ください。

    • 日テレNEWS NNN
    • 社会
    • 猛暑収まらず…北陸や北日本で記録的暑さに 札幌と秋田で1800年代から観測史上1位の記録