日テレNEWS
社会
2015年3月18日 18:09

佐賀・玄海原発1号機 廃炉を正式決定

佐賀・玄海原発1号機 廃炉を正式決定
(c)NNN

 九州電力は18日の臨時取締役会で、佐賀県の玄海原子力発電所1号機の廃炉を正式に決定した。

 九州電力は18日午前、臨時の取締役会を開き、玄海原子力発電所1号機の廃炉を正式に決定した。玄海1号機は出力55万9000キロワットで、今年10月に運転開始から40年を迎える。九州電力の関係者によると、廃炉を決めた理由として出力が他の原子炉と比べて小さく、運転を延長するための安全対策に必要なコストを回収できず採算が合わないと判断したためだという。

 18日午後には九州電力の瓜生道明社長が佐賀県庁を訪れ、「廃炉の工事については、安全第一に地域とのコミュニケーションを大事にしていきたい」と述べ、1号機の運転終了について報告した。