日テレNEWS
社会
2022年7月19日 15:18

“病床ひっ迫で行動制限も”感染急拡大受け、後藤厚労相が見解

“病床ひっ迫で行動制限も”感染急拡大受け、後藤厚労相が見解

新型コロナウイルスの感染が急拡大する中、後藤厚生労働大臣は、行動制限の必要性について、今後、病床のひっ迫などがあれば行動制限を含む強力な感染防止措置を講ずるとの見解を示しました。

後藤厚労大臣「病床がひっ迫するというような事態が見込まれるようになってくれば、行動制限を含む実効性の高い強力な感染拡大防止措置を講ずることとなると申し上げておきたい」

後藤厚労大臣は、新規感染者が増加しているものの重症者や死亡者の数は低い水準で、病床使用率も総じて低水準であると指摘し、現状では、「まん延防止等重点措置」などの行動制限の必要はないと述べました。

一方で、今後、高齢者の感染が拡大し、病床がひっ迫する事態が見込まれることなどがあれば、行動制限を講ずることになるとの認識を示しました。