×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 「すごく嬉しかった」渋野日向子がソフトボール大会を開催 始球式で東京五輪金・原田のどかを打ち取る

「すごく嬉しかった」渋野日向子がソフトボール大会を開催 始球式で東京五輪金・原田のどかを打ち取る

2022年12月26日 16:00
「すごく嬉しかった」渋野日向子がソフトボール大会を開催 始球式で東京五輪金・原田のどかを打ち取る
左から渋野日向子選手と原田のどか選手
◇2022年 渋野日向子杯 第1回岡山県小学生ソフトボール大会(24~25日、岡山県野球場)

女子プロゴルファーの渋野日向子比選手が、ソフトボール大会を開催。2日間で計15チーム277人の子供たちが参加しました。

またゲストとして地元・岡山出身で東京五輪女子ソフトボール・原田のどか選手も出演しました。

小学2年からゴルフと同時にソフトボールを始め、投手としてプレーしていた渋野選手。始球式は渋野選手がマウンドへ上がり、原田選手が打席へ入ります。

空振りがお決まりの始球式ですが、渋野選手が豪快なフォームで投げた速球を、原田選手がまさかのヒッティング。結果はセカンドゴロになり、球場に詰めかけた大勢の子供たちをわかせ、渋野選手も大きな笑顔を見せました。

大会後、原田選手は「渋野選手もガチで投げますと言っていたので、勝負をさせていただきました。私の敗戦となりますので、また対戦ができる日を楽しみに、次こそは勝てるようにしたい」と笑顔で話しました。

また渋野選手は「いいボールが投げられて、原田選手に当てることなくいいボールが投げられたことと、打ってもらえたことがすごく嬉しかった」と感激していました。