×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【ソフトバンク】牧原大成が「全治未定」右手首骨折で登録抹消 栗原陵矢に続き“痛い”離脱

【ソフトバンク】牧原大成が「全治未定」右手首骨折で登録抹消 栗原陵矢に続き“痛い”離脱

2023年8月31日 17:18
【ソフトバンク】牧原大成が「全治未定」右手首骨折で登録抹消 栗原陵矢に続き“痛い”離脱
ソフトバンク・牧原大成選手(写真:時事)
プロ野球ソフトバンクは31日、牧原大成選手が右腕を骨折したことを発表しました。

牧原選手は前日30日のオリックス戦に5番センターでスタメン出場するも、2回に右手首付近に死球を受け、途中交代していました。

球団によると、福岡県内病院にてレントゲン、CT、MRI検査を行ったところ、右尺骨茎状突起剥離骨折、右尺骨茎状突起部骨挫傷と診断されたとのことです。なお、全治は未定となっています。

これを受け、牧原選手は31日の公示で登録抹消。明日9月1日よりリハビリ組に合流するということです。牧原選手は今季91試合に出場し、打率.259、2本塁打という活躍でした。

現在3位のソフトバンクですが、24日には栗原陵矢選手が右手首を痛めて抹消されたばかり。4位楽天が1ゲーム差に迫る中、“痛い”離脱が続いています。