×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【セ・リーグ順位表】6連勝の広島が首位阪神とのゲーム差「0」 巨人が連敗を5で止める

【セ・リーグ順位表】6連勝の広島が首位阪神とのゲーム差「0」 巨人が連敗を5で止める

2023年7月23日 9:00
【セ・リーグ順位表】6連勝の広島が首位阪神とのゲーム差「0」 巨人が連敗を5で止める
7月22日試合終了時点のセ・リーグ順位表
プロ野球セ・リーグは22日、後半戦がスタート。各地で3試合が行われました。

首位阪神は先発の青柳晃洋投手が誤算。初回にヤクルト打線に2本のタイムリーを浴びると、5回には村上宗隆選手に17号2ランを許すなど5回5失点。7回以降に打線が反撃するも及ばず、後半戦の初戦を落としました。

2位広島は2-2の7回に森下暢仁投手がツーベースを放ち自らのバットでチャンスメークすると、野間峻祥選手のタイムリーで勝ち越し。森下投手は中日打線を8回3失点の力投で今季6勝目。6連勝で首位阪神とのゲーム差が「0」となりました。

4位巨人は先発の山崎伊織投手がDeNA打線に対して7回2失点の好投をみせると、2-2の8回には秋広優人選手の9号2ランで勝ち越し。9回には中川皓太投手が2年ぶりのセーブを挙げ、後半戦は白星スタート。連敗を5で止めました。

<22日の結果>

◆ヤクルト6-3阪神
勝利投手【ヤクルト】小川泰弘(4勝7敗)
敗戦投手【阪神】青柳晃洋(3勝4敗)
セーブ【ヤクルト】田口麗斗(1勝2敗22S)
本塁打【ヤクルト】村上宗隆17号

◆広島5-3中日
勝利投手【広島】森下暢仁(6勝2敗)
敗戦投手【中日】勝野昌慶(4勝2敗)
セーブ【広島】矢崎拓也(4勝0敗18S)
本塁打【中日】石川昂弥10号

◆巨人4-2DeNA
勝利投手【巨人】山崎伊織(7勝2敗)
敗戦投手【DeNA】伊勢大夢(2勝4敗)
セーブ【巨人】中川皓太(1勝1敗1S)
本塁打【巨人】大城卓三12号、吉川尚輝5号、秋広優人8号