×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • ヤクルト先発・原樹理 3連打浴びるなど6回途中5失点で降板 2番手・田口麗斗も打たれ6回一挙4点失う

ヤクルト先発・原樹理 3連打浴びるなど6回途中5失点で降板 2番手・田口麗斗も打たれ6回一挙4点失う

2022年9月4日 20:32
ヤクルト先発・原樹理 3連打浴びるなど6回途中5失点で降板 2番手・田口麗斗も打たれ6回一挙4点失う
ヤクルト・原樹理投手
プロ野球セ・リーグ ヤクルト-中日(4日、神宮球場)

ヤクルト先発・原樹理投手が6回に追加点を奪われ、この回途中で降板しました。

序盤に2点を失った原投手、1-2と1点を追う6回に連続ヒットでノーアウト3塁1塁のピンチを招きます。

ここで中日のアリエル・マルティネス選手にレフトへのタイムリーを許し、3連打で3点目を献上。続くバッターに送りバントを決められ、1アウト3塁2塁となった場面でヤクルトベンチが投手交代を告げ、原投手はここで降板。

2番手でマウンドに上がった田口麗斗投手もこのピンチをしのぐことができずに得点を奪われ、ヤクルトはこの回一挙4点を失い1-6とリードを広げられました。

先発の原投手はこの試合、5回1/3を投げ、81球で8安打5失点という投球内容でした。