×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 「低めに投げなければならない投手なのに…」中日先発・松葉貴大 4回3失点で無念の降板

「低めに投げなければならない投手なのに…」中日先発・松葉貴大 4回3失点で無念の降板

2022年8月30日 20:08
「低めに投げなければならない投手なのに…」中日先発・松葉貴大 4回3失点で無念の降板
中日・松葉貴大投手
プロ野球セ・リーグ DeNA-中日(30日、横浜スタジアム)

中日先発・松葉貴大投手が4回3失点で降板しました。

初回・2回はランナーを許しながらもDeNA打線に得点を許さなかった松葉投手。

しかし3回、ノーアウト満塁のピンチを招くと、ここでDeNA・宮崎敏郎選手にセンター前へのタイムリーを浴び2点を失います。

続く4回には2アウトから大田泰示選手にフェンス直撃のタイムリーを許して3点目を失い、松葉投手は4回で降板。

この日は4回81球を投げ、8安打2四球3失点という内容でした。

降板した松葉投手は「低めに投げなければならない投手なのに、投げきれなくてこのような結果になってしまいました。同じミスをしないように次はしっかり投げたいです」とコメントしています。