×

【巨人】小林誠司が3年ぶりの盗塁 三塁へのヘッドスライディングには球場大盛り上がり「レアなものを見た」

2024年5月12日 20:45
【巨人】小林誠司が3年ぶりの盗塁 三塁へのヘッドスライディングには球場大盛り上がり「レアなものを見た」
巨人・小林誠司選手
プロ野球セ・リーグ ヤクルト-巨人(12日、神宮球場)

巨人・小林誠司選手が2021年シーズン以来、3年ぶりの盗塁を記録。さらに外野フライの間に三塁へ進塁し、脚で球場をわかせました。

1-1の同点で迎えた7回、先頭打者として打席に立った小林選手。フルカウントから高めのストレートに手が出かかりますが、我慢してフォアボールを選びます。

ノーアウト一塁で巨人ベンチはヒットエンドランをしかけますが、打者の門脇誠選手が空振り。しかし、スタートを切っていた一塁ランナー・小林選手は二塁でセーフになりました。これが小林選手にとって2021年7月6日の中日戦以来、実に3年ぶりの盗塁となりました。

さらに、門脇選手がライトへフライを打ち上げると、それを見て小林選手は三塁へ進塁。その際にヘッドスライディングを見せ、球場とベンチは大盛り上がり。小林選手の脚でわいた7回表となりました。

この活躍にSNSでは「小林がすごい頑張って走ってて感動」「小林盗塁やと!?何事!?」「小林の盗塁というレアなものを見た」などと小林選手の走塁に多くのコメントが寄せられていました。

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • 【巨人】小林誠司が3年ぶりの盗塁 三塁へのヘッドスライディングには球場大盛り上がり「レアなものを見た」