日テレNEWS
スポーツ
2022年6月17日 19:09

投手戦 西武・高橋光成とオリックス・山岡泰輔が3回無失点 上々の立ち上がり

投手戦 西武・高橋光成とオリックス・山岡泰輔が3回無失点 上々の立ち上がり
西武・高橋光成投手(左)とオリックス・山岡泰輔投手(右)

◇プロ野球パ・リーグ 西武-オリックス(17日、ベルーナドーム)

3回まで両先発が無失点に抑える投手戦を見せています。

西武の先発・高橋光成投手は初回から伸びのあるストレートにフォークやスライダーなどを交え、2回までランナーを1人も出しません。

3回は死球などで2アウト3塁のピンチを背負いますが、福田周平選手を152キロのストレートで空振り三振。5試合ぶりの勝利へ上々の立ち上がりを見せました。

一方のオリックスの先発・山岡泰輔投手は初回、先頭打者にヒットを打たれランナーを背負いますが、決め球の縦に大きく曲がるスライダーで後続を断ち切り、3回まで無失点の好投。山岡投手も上々の立ち上がりを見せています。