日テレNEWS
スポーツ
2022年7月29日 22:38

西武が首位攻防戦第1戦制し首位浮上 山川穂高第30号勝ち越しHR 今井達也が今季2勝目

西武が首位攻防戦第1戦制し首位浮上 山川穂高第30号勝ち越しHR 今井達也が今季2勝目
首位に浮上した西武・辻発彦監督

◇プロ野球パ・リーグ 西武5-2ソフトバンク(29日、PayPayドーム)

西武が首位攻防戦第1戦を制し、首位に浮上しました。

0.5ゲーム差で首位ソフトバンクを追う2位・西武は1点を追う4回、オグレディ選手のソロホームランで同点に追いつきます。さらにランナー2人を置いて、打席には初回に先制タイムリーを放った山川穂高選手。高く浮いたボールを完璧に捉え、レフトスタンドに飛び込む第30号3ランホームランが飛び出し、5-2と勝ち越しに成功します。

投げては先発・今井達也投手が6四球を与えながらも6回2失点と粘りの投球を見せると、その後も本田圭佑投手、平良海馬投手、水上由伸投手が無失点リレー。

リードを守り切り5―2で勝利した西武が、後半戦初戦で首位に浮上。今井投手が今シーズン2勝目を挙げ、水上投手が今シーズン初セーブをマークしました。