×

レゴランド 全社員対象の無償学童保育を本格導入 育児・キャリアの両立支援

2024年5月1日 13:42
レゴランド 全社員対象の無償学童保育を本格導入 育児・キャリアの両立支援
画像提供:レゴランド・ジャパン・リゾート

レゴランドを運営するレゴランド・ジャパン合同会社が、従業員の育児・キャリア両立支援のため、全社員を対象とする無償の学童保育を4月27日から本格導入しました。

同社は昨年6月、子育て中もしくは子育て予定の社員を対象に「育児と仕事の両立支援に関するアンケート」を実施したところ、子連れ出勤や学校の⾧期休暇中の社内での預かり場所を求める意見があったことから、学童保育の導入を検討。今年3月にはテスト導入が行われ、参加した保護者や子どもから好評だったため、本格導入に至ったということです。

パークに隣接するオフィス内に開設された約100平方メートルの施設には、レゴブロックプールなどが設置された遊びスペース、読書もできる自習スペース、親子で利用可能な食事スペースなどがあり、専門スタッフが常駐しています。

利用の対象となるのは正社員・パート社員の小学1年生から6年生までの子ども。2025年冬休みまでは、学校の長期休暇やゴールデンウィーク中のみ運営となり、利用状況などを見ながら今後の運営方法を検討していくということです。

利用者からは「送迎の時間を気にすることなく働けることや、子供が職場内にいるので近くにいる安心感がある」「レゴランドのキッズスペースでは皆で一緒に遊ぶことが多いので、子どものためにもありがたい」などの感想が寄せられていて、すでに夏休みの利用についての問い合わせもあるということです。

同社は、育児・介護を行う正社員に「選択的週休3日制」を導入するなど、働き方改革を推進しており、今回の学童保育導入についても「レゴランド・ジャパン・リゾートならではの無償の学童保育を提供し、社員の働き方改革を進めていく」としています。

  • 中京テレビNEWS NNN
  • レゴランド 全社員対象の無償学童保育を本格導入 育児・キャリアの両立支援