×

トンネル内での携帯“不通”解消 JR北陸本線 敦賀-近江塩津間、通信サービス開始

2024年3月14日 21:45
トンネル内での携帯“不通”解消 JR北陸本線 敦賀-近江塩津間、通信サービス開始

JR西日本は、列車がトンネルを通過中に携帯電話が不通になっていたJR北陸本線の敦賀から近江塩津までの区間について、14日から通信サービスが始まったと発表しました。メールなどの連絡がスムーズに行えるようになります。(3月14日)


これらのトンネルでは、JRが保線作業用に機器を設けたauを除いて携帯電話が使えませんでしたが、新たにNTTドコモやソフトバンク それに楽天モバイルの大手3社も機器を整備し、通信サービスを開始しました。JRでは引き続き、列車内ではトンネル区間でも通話は控え、メールで連絡するなどマナーを守るよう求めています。

この区間の上りは山を一周しながら長いカーブをのぼる敦賀市の鳩原ループの2つのトンネルや、福井と滋賀の県境を越える全長約5キロの深坂トンネルを通るほか、下りにも約5キロの新深坂トンネルがあるなど、難所として知られます。

16日に開業する北陸新幹線も全線のトンネル区間で携帯電話を使うことができます。

なおハピラインふくいが運行を引き継ぐ区間にある北陸トンネルについては、携帯電話はauを除いて使えないということです。

    福井放送 福井放送
    • FBC NEWS NNN
    • トンネル内での携帯“不通”解消 JR北陸本線 敦賀-近江塩津間、通信サービス開始