×

徳島県の鳴門市ドイツ館で鉄道模型に触れたり全国各地の列車の写真を展示するイベントが開かれ、実物の80分の1の大きさの列車が走り回る姿に子どもたちが大興奮

2024年5月4日 12:09
徳島県の鳴門市ドイツ館で鉄道模型に触れたり全国各地の列車の写真を展示するイベントが開かれ、実物の80分の1の大きさの列車が走り回る姿に子どもたちが大興奮

徳島県の鳴門市ドイツ館では、鉄道模型に触れたり全国各地で走る列車の写真を見ることができるイベントが行われています。

会場では所狭しと引かれた線路の上を颯爽と模型列車が駆け抜けます。

鳴門市のドイツ館で開かれているこのイベントは、鉄道愛好者でつくる鉄道友の会 四国支部が鉄道模型の魅力を知ってもらおうと、毎年開いているものです。

子どもたちは、自分の目線の高さで走る実物の80分の1サイズの鉄道模型に大興奮の様子。

ハンドルを操作して、鉄道模型の運転を実際に体験することもできます。

鉄道の塗り絵やペーパークラフトづくりもあり、親子連れらでにぎわっていました。

列車の写真展示は今月26日まで鉄道模型に触れるイベントは5日まで開かれています。

    ニュース

    ニュース

    • JRT NEWS NNN
    • 徳島県の鳴門市ドイツ館で鉄道模型に触れたり全国各地の列車の写真を展示するイベントが開かれ、実物の80分の1の大きさの列車が走り回る姿に子どもたちが大興奮