×

震災復興の祈りを込め 高岡市伏木で伝統の「にらみ獅子」

2024年4月18日 16:13
震災復興の祈りを込め 高岡市伏木で伝統の「にらみ獅子」
能登半島地震で被害を受けた高岡市伏木地区の神社で18日、春の例大祭が行われました。

奉納されたのは邪気を払う「にらみ獅子」、訪れた人たちが震災からの復興を祈りました。

高岡市伏木一宮の氣多神社で行われた例大祭。

旗を先頭に青年団らおよそ50人の関係者が街を巡行した後、ご神体をのせた神輿とともに境内のスギ林を3周半まわりました。

神社は甚大な被害を受けた伏木地区の中心部からは離れているものの、灯ろうが倒壊するなど震災の爪痕が残っています。

「にらみ獅子」はゆったりとした動きが特徴の古式ゆかしい舞いで、獅子ににらまれると厄払いとなり1年間息災に過ごせるとされています。

邪気を払うとされる「にらみ獅子」の舞いに、訪れた人たちは震災からの復興を祈っていました。
北日本放送|KNB|富山[ テレビ ]1ch/[ ラジオ ]AM738kHz/FM90.2MHz
  • KNB NEWS NNN
  • 震災復興の祈りを込め 高岡市伏木で伝統の「にらみ獅子」