×

下関沖の転覆タンカー船体起こす作業はじまる

2024年5月9日 19:48
下関沖の転覆タンカー船体起こす作業はじまる

下関市沖でことし3月から転覆したままとなっている韓国船籍のケミカルタンカー。

きょう(9日)転覆した状態のタンカーを起こす作業の準備が始まりました。

(石崎記者)
「転覆した韓国船籍のケミカルタンカーの周りにはサルベージ船などが集まっていますまたダイバーの姿も確認できます」

ケミカルタンカー「キョヨンサン」が転覆したのはことし3月20日。

ケミカルタンカーには11人が乗っていて生存者は1人。9人が死亡し、残り1人の行方はまだわかっていません。

タンカーが転覆している海域ではきょう、サルベージ船などが集まり転覆した状態のタンカーを起こすための準備作業が行われていました。

関係者によりますと今月中旬にタンカーに薬品を積んだ状態のまま船体を起こす予定だということです。

また今月4日にはすでに燃料油45キロリットルの抜き取り作業を終えています。

    • KRY NEWS NNN
    • 下関沖の転覆タンカー船体起こす作業はじまる