×
テレビ金沢

1:17

藤井八冠あす金沢で棋王戦第2局 瓦礫から見つかった奇跡の将棋盤と駒で

タイトル防衛に向け前進なるでしょうか。 あす開かれる将棋の棋王戦を前に、藤井聡太八冠が金沢市に入りました。 金沢市内で あす行われる「棋王戦・五番勝負」第2局を前に、藤井聡太八冠と挑戦者の伊藤匠七段が対局場を訪れ、対局に使われる盤や駒、部屋の空調や明るさなどを確認する「検分」が行われました。 第1局は藤井八冠にとって公式戦では初の引き分けとなる「持将棋(じしょうぎ」。仕切り直しとなる第2局は勝った方がリードするという重要な対局です。この対局を見つめるのが、能登半島地震で妻を亡くした珠洲市の塩井一仁さん。 倒壊した自宅から奇跡的に見つかった塩井さんの将棋盤と駒が使われることになっています。 珠洲市 塩井一仁さん: 「妻が見つけさせてくれたのかな日常を取り戻す意味でもことしもお願いしようかな」 先ほどからは両棋士を囲んで、金沢市内のホテルで対局前のイベントも行われいよいよ始まる戦いを前に盛り上がりを見せています。 対局はあす午前9時から行われ、決着は夕方以降とみらます。

2月23日 19:13