×

【30年ぶり】“絶滅絶滅危惧種”ルリカケスの繫殖に成功 平川動物公園

2024年4月3日 18:44
【30年ぶり】“絶滅絶滅危惧種”ルリカケスの繫殖に成功 平川動物公園

 平川動物公園が30年ぶりにルリカケスの繁殖に成功しました。

(間世田桜子アナウンサー)
「なかなか日中では見られないというルリカケスのヒナなんですが、今姿を見せてくれました。丸っこくてかわいらしい」

 繫殖に成功したのは、絶滅危惧種で国の天然記念物にも指定されている、ルリカケスです。

 奄美大島や加計呂麻島などに生息していて、県の鳥にも指定されています。

 平川動物公園での繫殖は30年ぶりで、先月末に2羽のヒナが巣立ちました。まだ性別は分かっていないということです。

 これで、平川動物公園での飼育数は全部で7羽に増えました。

 繁殖に向け、巣箱の位置を変えるなどして工夫を続けたといいます。

(飼育員 山田 透生さん)
「やっと成功できてほっとした気持ちが強い。(繁殖のために)いろいろアクションは起こせたので、それが結果に繋がってよかった」

 福守園長はヒナを初めて見ることができたといいます。

(福守 朗 園長)
「本当に嬉しいですね。なかなかここまで至らなかった。成長を見守っていきたい」

 日中のほとんどは見えないところに隠れているといいますが、運が良ければ会えるかもしれません。

    • KYT NEWS NNN
    • 【30年ぶり】“絶滅絶滅危惧種”ルリカケスの繫殖に成功 平川動物公園