×
  • NIB NEWS NNN
  • 五島に大雪警報 長崎県内の雪のピークは22日明け方から朝にかけて 交通影響は《長崎》

五島に大雪警報 長崎県内の雪のピークは22日明け方から朝にかけて 交通影響は《長崎》

2023年12月21日 23:15
五島に大雪警報 長崎県内の雪のピークは22日明け方から朝にかけて 交通影響は《長崎》

強い寒気の流れ込みで県内も各地で雪が降り続いていて、五島には22日午後9時過ぎ、大雪警報が発表されました。

九州の上空およそ1500mには氷点下12℃以下の強い寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が続く見込みです。県内も朝から各地でこの冬一番の冷え込みとなりました。

気象台によりますと。雪のピークは22日明け方から朝にかけてとみられ同じ所で降り続いた場合は、警報級の大雪となるおそれもあります。

五島には、午後9時過ぎ、大雪警報が発表されました。

23日午前0時までの24時間に降る雪はいずれも多いところで、南部、北部の山地で15センチ、平地で 8センチ、五島で10センチが予想されています。

22日昼過ぎまでは広い範囲で雪が降る見込みですが、その後、23日朝にかけては山地を中心に、所々で雪が降るとみられています。

また、長崎電気軌道の路面電車や県営バス、長崎バス、西肥バスは22日も通常運行を予定していますが、道路の状況によっては運行を取りやめる可能性があるということです。

気象台は22日夕方にかけて、降雪や路面凍結による交通障害、農作物や農業施設の管理に警戒するよう呼び掛けています。