×

“ととのう”を観光の起爆剤に!ブーム続くサウナを活用 県内でも新たな取り組みに挑戦《長崎》

2024年4月20日 7:00
“ととのう”を観光の起爆剤に!ブーム続くサウナを活用 県内でも新たな取り組みに挑戦《長崎》

全国的にブームが続く“サウナ”。ととのうを観光の起爆剤に!

長崎でも、新たな取り組みが進められています。

リニューアルのため、休業していた佐世保市の老舗サウナ施設。

(電話応対)
「お電話ありがとうございます。サウナサンです。本日お昼の12時から開きます」

オープン1時間前の施設入口には、お客さんの姿が・・・。

(利用者)
「新しいサウナが楽しみで来た。会社のみんなで楽しみだねと話していた。待ちきれずに」

いよいよ、営業スタートの時刻。

(朝礼)
「これまで以上にお客さん増えると思うが、気持ちいい時間を提供できるように頑張ろう。宜しくお願いします」

(従業員)
「いらっしゃいませ。新しいサウナ室も増えているので、ゆっくりどうぞ」

(従業員)
「待ち遠しかったでしょ」

(利用者)
「長かったあ、2週間」

(利用者)
「(サウナは)好き。もう40年くらい。(サウナの後に)水風呂に入るのが一番の楽しみ」

この日、新たなスタートを切った佐世保市の老舗サウナ施設「サウナ サン」。

(サウナサン 足立琢哉支配人)
「会社を続けられるかさえわからないという時期もあったが、どうにかこうにか、去年くらいからお客さんも戻ってきて、もっといろんな人にサウナの気持ちよさを知ってもらえればと思う」

新たな取り組みと、その思いに迫ります。

▼“ととのう”体験に 新たなファン層

先月20日、長崎市内にはたくさんのテントが並び、熱気が・・・。

サウナでたっぷり汗を出して、水風呂に入り、“ととのう”を体験です。

(来場者)
「初サウナ。気持ちよかった」

(来場者)
「最高!サウナは、年200回くらい行っている」

初心者も、経験者も、気軽にサウナを楽しんでもらいたいと開かれたイベントには、家族連れなど100人ほどが参加。

会場には「サウナサン」の支配人、足立琢哉さんの姿もありました。

(サウナサン 足立琢哉支配人)
「予想以上によかった。長崎はどちらかというと田舎のほうなので、地域に根差した取り組みに結びついていければいいなと思う。その地域ならではのサウナの形を作るのが大事かなと」

長崎ならではのサウナを!

その思いに至ったのは、“コロナ禍”の影響が大きかったといいます。

▼「長崎らしさ」を求めて老舗店リニューアル

(サウナサン 足立琢哉支配人)
「こちらがコロナ中に改装したコワーキングスペースと、カプセルルーム」

2020年、3階フロアを全面リニューアル。

以前は大きな間仕切りのなかった休憩スペースを、異国情緒漂う落ち着いた雰囲気の「コワーキングスペース」と、寝心地を重視した「カプセルルーム」に。

(サウナサン 足立琢哉支配人)
「客足もだいぶ落ちたというのもあるし、売上自体も年間で大体コロナ前の4割5割とか。それが3年間続いていた。やっと少しずつ軌道に乗ってきた」

さらに今回踏み切ったのが、新たな “サウナ室” の建設です。

クラウドファンディングで資金を募ると、全国のファンから支援が寄せられました。

2週間かけて遂に完成した、その名も “和香サウナ”。

(サウナサン 足立琢哉支配人)
「上にハーブとかアロマオイルとかを置こうかなと思っていて。きょうは、地元 “世知原茶”のほうじ茶を置いている」

地元の茶葉などの香りを楽しみながら、ゆったり瞑想に浸れる空間です。

オープン前日、関係者に一足早く体験してもらいます。

(2年前からの常連客)
「今まで明るい一室だったので、落ち着きたいと思う時もあって、こういう選択肢が増えたのはいいなと思った。レベル高いと思う」

リニューアルしたサウナの感想は・・・。

(2年前からの常連客)
「湿度が高めでよかった」

(関係者)
「奥のほうにスポッと入れるのが、秘密基地みたいでよかった」

(サウナサン 足立琢哉支配人)
「よかった 安心した」

▼「長崎」を存分に味わうプライベートサウナ

新たなスタートを切った老舗施設の一方、長崎市では・・・。

(野田 旬太郎さん)
「こちらが今、作っているサウナ施設」

国産のヒノキが香る『バレルサウナ』。

オープンに向けて、着々と工事が進められています。

(長崎サウナかめやま 野田 旬太郎代表)
「長崎の稲佐山の夜景が一望できる場所なので、サウナに入って水風呂に入った後に、ととのいスペースで皆さんくつろがれると思うが、その時に長崎の景色や夜景を眺めながら楽しんでもらいたい」

題して、長崎サウナ “かめやま”。

親しい人と貸し切りで利用できる「プライベートサウナ」です。

代表は、野田 旬太郎さん33歳。

人口減少が続くふるさと長崎市を訪れてもらう仕組みをつくりたいと、立ち上がりました。

現在は、福岡を拠点に会社員としてリモートワークする生活ですが、仕事の合間をぬって長崎にも定期的に帰り、高校の同級生やサウナ好きとともに、新たなサウナを手作りしています。

(運営メンバー 鳥邉 薫さん)
「プライベートサウナって長崎はなかなか無いし、見た瞬間に自分も入りたいなと思った」

(運営メンバー 上田 雛子さん)
「見晴らしのいい景色でサウナを楽しんでもらうことで、長崎の魅力を伝えて、食べ物がおいしいのが長崎の魅力の一つなので、景色とともにアピールできればと思う」

▼サウナを通して長崎の魅力発信を

オープンは5月上旬の予定。

今後は、長崎の地酒や食材を使った料理の提供なども目指しているそうです。

“長崎の魅力を伝え、地域のファンになってもらいたい”

長崎から、佐世保から、挑戦はこれからも続きます。

(長崎サウナかめやま 野田 旬太郎代表)
「まずはやっぱりサウナという土地に根差した事業なので、近くに住む方長崎県内に住む人に楽しんでもらいたい。次は、長崎の良さを詰め込んだ施設にしたいと思っているので、県外から来る人に “あのサウナがあるから行きたい” と行く理由になるような場所にできたらいい」

(サウナサン 足立琢哉支配人)
「サウナサンも42周年を迎える。これまで以上に、地域や全国の皆さんに愛される店でありたいし、九州産のハーブやアロマを活用できるサウナ室ができたので、少しでも九州の地域活性化につながればいいと思う」

  • NIB NEWS NNN
  • “ととのう”を観光の起爆剤に!ブーム続くサウナを活用 県内でも新たな取り組みに挑戦《長崎》