×

長崎県内も荒れた天気に 18日朝にかけて落雷や竜巻など注意呼びかけ《長崎》

2023年11月17日 23:11
長崎県内も荒れた天気に 18日朝にかけて落雷や竜巻など注意呼びかけ《長崎》

前線を伴った低気圧の通過で各地で荒れた天気となっていて海上には「暴風警報」が発表されています。
気象台は、あす朝にかけて落雷や竜巻などに注意するよう呼びかけています。

16日夜の大村市。

大粒の雨が地面に打ちつけています。

対馬市鰐浦では16日、11月の観測史上最大となる28.3メートルの風を観測しました。
九州北部の上空に流れ込んだ強い寒気の影響で県内も、大気の状態が非常に不安定となっていて海上は、全域に「暴風警報」が発表されています。

17日夜遅くから西から北西の風が非常に強くなりしける見込みです。

一方、午前9時50分頃長崎市石神町では。

(住民)
「びっくりした何が起こったのかと思って勢いよく2枚のガラスが飛んできた」

住宅裏ののり面が高さ5m、幅14mにわたって崩れ流れ込んだ土砂で住宅の窓ガラスが割れ70代の女性が右手の薬指に軽いケガをしたということです。

県内はあす朝にかけて局地的に積乱雲が発達し落雷や竜巻などの激しい突風のほかひょうが降るおそれがあるとして気象台が注意を呼び掛けています。

    • NIB NEWS NNN
    • 長崎県内も荒れた天気に 18日朝にかけて落雷や竜巻など注意呼びかけ《長崎》