×

雲仙仁田峠 “晩春の風物詩”「満開のミヤマキリシマ」山肌を桃色に染め、観光客出迎える《長崎》

2024年5月10日 22:07
雲仙仁田峠 “晩春の風物詩”「満開のミヤマキリシマ」山肌を桃色に染め、観光客出迎える《長崎》

雲仙を代表する花「ミヤマキリシマ」。長崎県の県の花で、国の天然記念物にも指定されています。

雲仙地獄は4月初めから咲き始め、仁田峠周辺は5月上旬から中旬が見ごろを迎えます。

今年は10日に満開。約10万本が山肌をピンクや紫に染め、観光客を出迎えます。

雲仙ではロープウェーに乗って、上から見下ろすのもおすすめ。

今年の見ごろは、5月20日ごろまでということです。



(詳しくは動画をご覧ください)

    • NIB NEWS NNN
    • 雲仙仁田峠 “晩春の風物詩”「満開のミヤマキリシマ」山肌を桃色に染め、観光客出迎える《長崎》