×

23日夕方から24日昼前にかけて大雪のおそれ

2024年1月23日 13:12
23日夕方から24日昼前にかけて大雪のおそれ

午前9時前の長崎市内、マフラーや手袋で寒さ対策をする人の姿が見られました。

(通勤する人)

「きのうから寒くなってきた。朝から出勤するのが大変」
「折りたたみ傘を持ってきたくらいなのであんまり降らないといい」

この冬一番の強い寒気の影響で南部・北部、五島では23日夕方から24日昼前にかけて平地・山地ともに大雪となるおそれがあります。

雪が同じところで降り続いた場合は、警報級の大雪となる可能性があります。

すでに断続的に雪が降っていて、現在、南部・北部と五島に大雪注意報と風雪注意報が発表されています。

気象台によりますと雪はきょうの夜のはじめ頃からあす朝にかけてピークを迎えるとみられていて
あす午前6時までの24時間に
▼南部・北部の山地で10センチ
▼南部・北部の平地と五島で5センチ
▼壱岐・対馬で1センチの雪が予想されています。

すでに、長与町と波佐見町の全ての小中学校と、西海市の一部の学校で24日の臨時休校を決めているということです。

■交通
海上は、しけていて、九州商船の長崎と五島を結ぶジェットフォイルや佐世保と上五島を結ぶ高速船などが、全便欠航としています。

気象台は、24日朝にかけて降雪・路面凍結による交通障害、農作物の管理などへの注意・警戒と低温による水道管の凍結などに注意を呼びかけています。

    • NIB NEWS NNN
    • 23日夕方から24日昼前にかけて大雪のおそれ