×
  • 日本海テレビNEWS NNN
  • 「店自体が活気づいてきて」新型コロナ5類以降初めての忘年会シーズン 飲食店では以前の姿が 鳥取県鳥取市

「店自体が活気づいてきて」新型コロナ5類以降初めての忘年会シーズン 飲食店では以前の姿が 鳥取県鳥取市

2023年12月13日 18:30
「店自体が活気づいてきて」新型コロナ5類以降初めての忘年会シーズン 飲食店では以前の姿が 鳥取県鳥取市

新型コロナが5類に移行してから初めての忘年会シーズンに突入。飲食店には客足が回復し、活気が戻ってきました。

利用客
「はい、おつかれー!」

12月12日夜、鳥取県鳥取市の飲食店では、友人同士で楽しく食事をする人の姿がー。新型コロナの流行以来、実に3年ぶりに集まったといいます。店の経営者も以前の姿が戻りつつあると実感しています。

ダイニングバーコネクト 山根康寛代表
「この2年間はあっても少人数の忘年会だったので、今年はコロナ前以上にお客さんが戻ってきたかなっていう感じはしてます」

こちらの店には、12月だけで約500人が予約。すでに去年の利用者を大きく上回っています。
※2022年12月の利用者は350人

利用客
「子どもが野球をしていた時の保護者会です。保護者の集まりです」

「同業者の事務員さんとの年に1回の忘年会です。去年は数が少なかったですけど、今年は多いですね」

会社などの忘年会が復活し、利用者が増加するなか、食事にも変化がー。これまで、鍋は1人用を提供していましたが、今は大きな鍋を囲む姿が増えたといいます。

ダイニングバーコネクト 山根康寛代表
「やはり楽しそうに会話しながら飲食してもらうことで、店自体が活気づく。従業員みんな達成感があるような感じになってきましたね」

新型コロナが5類に移行してから初めての忘年会シーズン。徐々にコロナ禍前の姿を取り戻しつつあります。