×
  • 日本海テレビNEWS NNN
  • 「木次線まつり」開催 鉄道模型・応援メッセージを展示でJR木次線の路線維持・盛り上げを目指す 島根県雲南市

「木次線まつり」開催 鉄道模型・応援メッセージを展示でJR木次線の路線維持・盛り上げを目指す 島根県雲南市

2023年12月11日 17:39
「木次線まつり」開催 鉄道模型・応援メッセージを展示でJR木次線の路線維持・盛り上げを目指す 島根県雲南市

今年11月、惜しまれながら運行が終了したトロッコ列車 奥出雲おろち号。運行終了後のJR木次線を盛り上げようと鉄道イベントが開かれました。

このイベントは多くの人にJR木次線の未来を考えるきっかけにしてもらおうと、島根県雲南市や観光協会などで作る実行委員会が昨年から行っています。会場には奥出雲おろち号や木次線を走る車両の鉄道模型、そして、木次線への応援メッセージなどが展示されました。

吉山 治 実行委員長
「交流とか学ぶ場があることが木次線の将来に大変大事だと思ってます」

JR木次線は島根県松江市の宍道駅から広島県庄原市の備後落合駅までの総距離81.9kmを結ぶローカル線です。JR西日本によりますと、2022年度の一日平均乗客数を示す 輸送密度は171人で西日本の路線の中で2番目に少ない人数となっています。

毎年15,000人の利用があった観光トロッコ列車・奥出雲おろち号が11月に車体の老朽化を理由に惜しまれながら運行終了。路線維持のためにも利用促進が課題となっています。

訪れた人
「出来たら存続して欲しいです。唯一の広島への通過点だし」

「そりゃもちろん残って欲しいですし、もうちょっと便利になって欲しいですよね」

そこで期待されているのが、ファンを増やすこと。実行委員会では県内外を問わず多くのファンを増やし、観光利用のアイディアを一緒に考えてもらうのが狙いです。東京で漫画の編集者として働いている江上英樹さんもファンのひとり。木次線の魅力にハマり、ジオラマを自作してイベントなどで展示しています。

江上英樹さん
「実証実験してみましょうか。あめつちが上れるかどうか」

この日は来年4月から木次線への乗り入れが決まっている観光列車をいち早くジオラマで走らせていました。

江上英樹さん
「だいたい僕も全然ここに地縁もない人間なので、木次線があったからここに通うことになったんですけど、きっと僕みたいな人が出てくると思いますので、そのためにもどんどん盛り上げたいですよね」

実行委員会では毎年このイベントを開催し、木次線を盛り上げていきたいとしています。