×

古田直輝選手がボート競技「ローイング」でパリ五輪内定 父母と共に地元鳥取県南部町役場を訪れ町長に報告 鳥取県南部町

2024年5月2日 18:29
古田直輝選手がボート競技「ローイング」でパリ五輪内定 父母と共に地元鳥取県南部町役場を訪れ町長に報告 鳥取県南部町

ボート競技「ローイング」の古田直輝選手が、地元の鳥取県南部町を訪れパリオリンピック出場が決まったことを報告しました。

鳥取県南部町出身の古田直輝選手は、4月21日に韓国で行われたボート競技、「ローイング」のアジア・オセアニア大陸予選男子軽量級ダブルスカルに宮浦真之選手と出場し優勝。今年夏に開催されるパリオリンピックの出場が内定しました。

古田選手は、5月2日に父親の浩明さん、母親の尚子さんと一緒に地元の南部町役場を訪れました。そして陶山清孝町長にパリオリンピックの出場権を獲得したことを報告しました。

ローイング 古田直輝選手
「オリンピックの出場が決まりました。オリンピックに向けてさらなる努力(をする必要が)あると思うのでこれからも応援よろしくお願いします」

町で初めてのオリンピック選手が誕生した南部町の陶山町長は、満面の笑顔で「みんなで応援します。ぜひ、力を世界で見せてください」と激励していました。

ローイング 古田直輝選手
「金メダル狙って精いっぱい頑張りたいと思います。応援というのはすごい力になりますので、応援メッセージもらうととても頑張れるのでもっとたくさんいただきたい」

古田選手は、鳥取県ゆかりの選手では女子板飛び込みの三上紗也可選手に続いて2人目のパリオリンピック出場となります。なお、古田選手は2日、母校の米子工業高校にもパリオリンピック出場内定の報告を行ったということです。

    • 日本海テレビNEWS NNN
    • 古田直輝選手がボート競技「ローイング」でパリ五輪内定 父母と共に地元鳥取県南部町役場を訪れ町長に報告 鳥取県南部町