×

脱炭素社会の実現へ 大学生を中心とした学生団体が設立 鳥取県庁で報告会

2024年6月4日 12:04
脱炭素社会の実現へ 大学生を中心とした学生団体が設立 鳥取県庁で報告会

鳥取県内の大学生を中心とした「脱炭素社会の実現」を目指す学生団体が設立され、5月、鳥取県庁で設立の報告会が行われました。

5月30日、鳥取県の平井知事を訪れたのは、鳥取県内の大学生を中心とした学生団体、「トットリボーン!ユース」・通称「TRY!」のメンバーです、

この団体は、去年、UAE(=アラブ首長国連邦)のドバイで開かれた国連の気候変動対策会議「COP28」に参加した学生を中心に結成されました。この日はCOP28に参加した鳥取環境大学の三谷菜摘さんを含む5人が出席し、鳥取県の平井知事へ抱負などが述べられました。

TRY!メンバー 三谷菜摘 さん
「この県内で、気候変動対策を頑張りたいと手を挙げてくれた人たちを集めて活動ができることをとてもうれしく思っています」

今後は脱炭素の実現へ向けた若者視点での情報発信などを行い、脱炭素に向けた機運の醸成を図るということです。

    • 日本海テレビNEWS NNN
    • 脱炭素社会の実現へ 大学生を中心とした学生団体が設立 鳥取県庁で報告会