×

Aコープトピア店が48年の歴史に幕 JA鳥取中央が所有していたAコープ4店舗は全て閉店 閉店後の店舗の活用法は未定 鳥取県琴浦町

2024年3月26日 18:53
Aコープトピア店が48年の歴史に幕 JA鳥取中央が所有していたAコープ4店舗は全て閉店 閉店後の店舗の活用法は未定 鳥取県琴浦町

鳥取県琴浦町の「Aコープトピア店」が3月26日に48年の歴史に幕を閉じました。これで、JA鳥取中央が所有していたAコープ4店舗は、全て閉店。店内の商品は数が少なく、買い物に訪れた人からは、閉店を惜しむ声が聞かれました。

買い物客
「車も運転できないし、家からちょうどいい距離だから、ほぼ(毎日)来てました」

「便利だったのに、無くなるのはいけませんが…」

午後5時になると、従業員らが整列。訪れた人たちにこれまでの感謝の思いを伝えました。涙を流して、話を聞く人の姿も。

JA鳥取中央 向井敏弘 代表理事専務
「この施設を継続的に利用していただける方を、引き続き探していきたいと思います。たくさんの地域の方がまた集まっていただくような施設にできればと思っています」

トピア店の従業員25人は、一部が退職し、そのほかはJA鳥取中央や別のスーパーで働くということです。また、店内に入居する電器店などのテナントは営業を継続するということです。店内でリサイクルショップを営んでいる男性はー。

リサイクルショップを営んでいる男性
「ほとんどこの建物に来るお客さんは、Aコープさんの食品とか買い物に来られた方ですから、来なくなっちゃうんじゃいかなと思います」

JA鳥取中央が所有していたスーパーは、倉吉市関金町の「せきがね店」、北栄町の「下北条店」。そして、琴浦町の「赤碕店」と「トピア店」の4店舗。このうち、「赤碕店」は、倉吉市内のスーパー運営会社が店舗を引き継ぎ、営業しています。また、「下北条店」は、リサイクルショップなどを運営する琴浦町の会社が夏ごろにリサイクルショップをオープンさせる予定となっています。

一方、「トピア店」と「せきがね店」は、いまだに店舗の活用が決まっていません。JA鳥取中央は、引き継ぎ先が未定の店舗について、会社の事務所や倉庫などとして活用することも視野に、引き継ぎを検討しているということです。

    • 日本海テレビNEWS NNN
    • Aコープトピア店が48年の歴史に幕 JA鳥取中央が所有していたAコープ4店舗は全て閉店 閉店後の店舗の活用法は未定 鳥取県琴浦町