×

「万が一の際、安全の確保、誘導というものが 大事だなと」 老舗旅館で消防訓練 鳥取県岩美町

2024年3月1日 18:14
「万が一の際、安全の確保、誘導というものが 大事だなと」 老舗旅館で消防訓練 鳥取県岩美町

3月1日から全国で「春の火災予防運動」が始まりました。それに合わせ、鳥取県岩美町の旅館で、消防訓練が行われ、万が一に備えていました。

火災予防運動に合わせて鳥取岩美町にある老舗旅館「岩井屋」で行われた消防訓練。訓練は、隣の建物から火が出たことを想定して行われ、通報を受けた消防が旅館に放水するなど消火活動を行いました。

また、旅館の従業員は、火事が起こったことを宿泊客に伝え、玄関まで誘導。玄関の前には、煙を充満させたテントが設置されていて、煙の中を移動する時は、低い姿勢で動くことが大切さだと学んでいました。

岩井屋 山田揚子 女将
「火災の原因になることを出さない。点検、確認を徹底するということ。万が一があった際の、安全の確保、誘導というものが 大事だなと改めて気付かされました」

岩美消防署 鈴木規夫 予防係長
「普段見ない所をこれを機に点検していただけたらという風に思っております」

また、消火訓練も行われ、消防署員から消火器の使い方を学び、万が一に備えていました。

    • 日本海テレビNEWS NNN
    • 「万が一の際、安全の確保、誘導というものが 大事だなと」 老舗旅館で消防訓練 鳥取県岩美町