×

「日ごろからの準備が必要」 "文化財防火デー"に合わせ清水寺で放水訓練 消防設備の確認も 島根県安来市

2024年1月30日 18:14
「日ごろからの準備が必要」 "文化財防火デー"に合わせ清水寺で放水訓練 消防設備の確認も 島根県安来市

1月26日の「文化財防火デー」に合わせ消防設備を点検です。

国の重要文化財を有する島根県安来市の清水寺で、30日、火災を想定した放水訓練が行われました。訓練には、境内の旅館や土産店、寺の関係者からなる消防団など7人が参加しました。

訓練は、県指定文化財の三重塔付近で火災が発生したことを想定して行われ、団員が近くの溜め池からポンプ車で水をくみ上げ放水を行いました。

清水谷善暁 貫主
「寺宝、そういうものを守って次世代に継承していくというのも一つの仕事ですので日ごろからの準備が必要なのかなと思います」

また、訓練に合わせて消防設備の点検も行われ、安来市消防本部やの職員が消火器の期限や境内に設置された放水銃などを確認していました。

    • 日本海テレビNEWS NNN
    • 「日ごろからの準備が必要」 "文化財防火デー"に合わせ清水寺で放水訓練 消防設備の確認も 島根県安来市