×

「困っている人がいたら見て見ぬふりをせず…」 障害者が暮らしやすい社会づくりを目指して 小学校で学習会 鳥取県湯梨浜町

2024年5月29日 19:11
「困っている人がいたら見て見ぬふりをせず…」 障害者が暮らしやすい社会づくりを目指して 小学校で学習会 鳥取県湯梨浜町

障害者が暮らしやすい社会づくりを目指す「あいサポート運動」。その一環としてまずは「あいサポート運動」について知ってもらおうと、5月29日に鳥取県湯梨浜町の小学校で学習会が行われました。

あいサポート運動とは、障害のある人が困っていることなどを理解して、誰もが暮らしやすい社会を目指していく取り組みのこと。5年生16人が視覚障害者の立場を学ぶためアイマスクをしながら折り紙を折ったり、目隠しをしたまま歩き、サポートする難しさを体験したりと理解を深めていました。

Q.目隠しして歩いてみてどうですか?
児童
「いつ人に当たるかもわからないし、なれたルートでもわからないことがあるので怖かったです」

「困っている人がいたら見て見ぬふりをせずに勇気を出して声かけてサポートをしたいです」

鳥取県は今年度県内16か所の小学校などでこうした学習を行う予定です。

    • 日本海テレビNEWS NNN
    • 「困っている人がいたら見て見ぬふりをせず…」 障害者が暮らしやすい社会づくりを目指して 小学校で学習会 鳥取県湯梨浜町