×
  • 日本海テレビNEWS NNN
  • “家族への感謝を胸に” 全国高校サッカー選手権に挑んだ 米子北エース森田選手の特別な思い

“家族への感謝を胸に” 全国高校サッカー選手権に挑んだ 米子北エース森田選手の特別な思い

2024年2月10日 6:32
“家族への感謝を胸に” 全国高校サッカー選手権に挑んだ 米子北エース森田選手の特別な思い

今年も白熱した全国高校サッカー選手権大会。特別な思いで大会に臨んだ鳥取県代表・米子北高校のエース・森田選手に迫ります。

14大会連続出場の強豪、鳥取県代表・米子北。3年間叩き込まれるのが過酷な砂浜ダッシュを通じて、最後まで走ることと諦めない気持ち。昌子源選手や佐野海舟選手など数多くの選手がここから羽ばたいていきました。そんな米子北で、今大会、特別な思いと共にエースナンバー10を背負ったのが森田尚人選手。最後の選手権、戦う姿を見てもらいたい人がいました。

森田尚人選手
「父親含め、家族に見てもらいたい」

3人兄弟の真ん中に生まれた森田選手。体が大きく、地元、大阪の少年団でもエースでした。しかし、小学6年の時、母・愛子さんを病気で亡くしてしまいます。以来、父・好人さんが男手一つで3人を育ててきました。

父・好人さん
「(母・愛子さんは息子のサッカーを)めちゃくちゃ応援してたんで。送り迎えに行っていたのも奥さんの方だったんで。選手権は見たかっただろうなとは思いますけどね」

母も応援していた選手権出場の夢。そのために米子北への進学を目指しましたが、森田選手は思い悩んだといいます。

森田尚人選手
「お父さんだけが働いている状態なので、金銭面とかを考えて、大阪の自宅から通える高校の方がいいか相談したけど『それでいいのか』みたいに言われて、『実は米子北の方がいい』って言ったら、『お金とかは気にせず自分のしたいようにしていいよ』って」

今、サッカーができるのは大切な人の支えがあるからこそー。

3年間、その思いを忘れたことはありません。成長した姿を見せる晴れ舞台。それが、冬の選手権。迎えた全国大会。初戦を勝利した米子北は埼玉の昌平と対戦。

米子北高校サッカー部 中村真吾 監督
「応援されているということは頭のどこかに入れておかないといけない。応援してくれている人は、皆が頑張ってる姿が見たい。やること一生懸命やって最後まで走り切れば勝手に結果はついて来るから。最後まで諦めないこと」

エースとして期待されるのは、ゴールを求め、戦い続けること。苦しくとも諦めない姿を父に見せる。チームを鼓舞するように森田選手は序盤から仕掛け、チャンスを作ります。前半25分にはー。

実況
「さぁ守れるか昌平。素晴らしいボレーシュートを見せました、10番の森田!」

森田選手のプレーがチームに勢いをもたらすと、後半7分!

実況
「梶!シュート!~~~18番の柴野!」

さらに追加点を狙いにいく米子北。

実況
「まだ行く!~~~森田のシュート!よく止めた佐々木!」

後半アディショナルタイム、ピッチを去る最後の瞬間まで、森田選手は走り続けました。しかし、その直後、最後のワンプレー・・・。

実況
「田中のクロスにヘディングシュート!決まったー!ラストワンプレーでドラマがありました!」

あと一歩のところで、勝利がすり抜けていきました。そしてー。

PK戦の実況
「決めた!昌平高校!PK戦で強豪米子北に勝利!」

ずっと夢見ていた選手権がここで幕を降ろしました。

GK尾崎巧望選手
「ほんまにごめん。最後の最後やんか、もうー」

MF上原颯太キャプテン
「今日みんなやれてたから。自信持って。2年生、また来年もあると思うからこの経験を生かして来年もここに戻ってきて次は優勝出来るように。3年生はみんな悔しいけど…最後までやれてたからみんな。胸張って帰ろう」

城市徳之総監督
「できてたよ、ほんと。よくやってたと思う。でもやっぱり、何かがあと15秒、10秒、あと5秒足りなかった。こういうことが絶対これからあるんだよ。これをこれからの人生や生活の中で生かすしかない。ほんと3年生よくやったと思うよ。ダメだダメだ言われてここまでよくやったと思う。応援されていたってことをこれからもどこかに持ちながら生活して欲しいし、それをやっぱり伝えて欲しい」

3年間の感謝を伝えるため、森田選手は父の元へ。

◇ ◇


「ようやった」

森田尚人選手
「ありがとう。ごめん。点取れなかった」


「まぁでもこういうもんやねん。でもこれもまた経験だな」

◇ ◇


「すごい走ってましたし、いいシュートも打ってましたし、チームに声掛けもしてくれていたのですごい成長したなと感じました」

森田尚人選手
「高校サッカーは今日で終わりましたけど、今日から大学に向けての準備ができるので大学で同じ思いをしないように切り替えてやっていきたいです」

1月中旬ー。米子北のグラウンドを訪ねてみると、森田選手たち3年生はすでに次のステージに向けて走り出していました。3年生の多くが高校卒業後もサッカーを続けるといいます。森田選手は中京大学に進学予定。今年、4人のJリーガーが誕生する強豪です。

森田尚人選手
「大学では1年生からトップチームに参加して、試合に絡めるような選手になりたいです。将来の夢は一番はサッカー選手なんですけど、サッカーに携わる仕事をしたいと思っています」

高校サッカーの悔しさを胸に大学でさらに力をつけ、プロ選手を目指す森田選手。これまで支えてくれた両親への思いはー。

森田尚人選手
「これまで支えてくれたことに感謝して、これから自分がサポートしてあげられるような人間になりたいと思います」

家族への感謝を胸に。森田選手は新たな夢に向かってこれからも走り続けますー。